仕組みも複雑、契約も複雑、光回線ってなに?

光回線は現在最も主流とされているインターネット回線で、速度が速いという特徴があります。
光ファイバー網を使ったインターネットブローバンド回線が光回線と呼ばれていて、NTTが全国で使えるように整備などをしています。
最近ではほとんどのインターネット回線が光回線になっていて、速度が速かったり通信が安定しているなどの理由から利用者がとても多いインターネット回線です。

特徴として挙げられるのは速度の速さで、従来のインターネット回線には固定電話回線を利用したものや携帯電話のネットワークを利用したものなどがあります。
従来のインターネット回線と比較して大容量の情報を素早くやり取りできます。
また高速なインターネット回線であるというメリットを活かして、光回線を使って電話をしたりビデオを視聴できるサービスなどの様々なサービスが提供されています。

光回線は光ファイバー網というケーブルを使ってデータを送受信するという仕組みです。
光ファイバーはガラスやメタクリル樹脂などで作られた細くて細かい繊維でできています。
送受信する電気信号をケーブル内で光に変えて情報を送受信するという仕組みです。
光ファイバーは光を使ってデータを送受信するので、電磁波などの影響を受けません。
電磁波の影響を受けないので大容量のデータを様々なところへ送信できます。

データを光に変えてやり取りすることによって高速通信と電磁波などに影響されずにデータのやり取りを安定させることができます。
光回線の仕組みは少し複雑で理解しにくい部分もありますが、光ファイバーを使ってデータを光に変えて送受信しているだけで、基本的な仕組みは従来のインターネット回線とほとんど同じで特に複雑なこともありません。

光回線は契約の仕組みも少し複雑で光回線の契約の他にプロバイダの契約も必要になります。
NTTのフレッツ光が提供している光コラボレーションなどの、一部のインターネットサービスを除く全ての光回線の場合にはプロバイダを別に契約する必要があります。
プロバイダの契約が必要な場合には光回線の契約時に同時に対応しているプロバイダから好きなプロバイダを選べるようになっている場合もありますが、後から自身でプロバイダだけ別に申し込む場合もあります。
光回線は仕組みや契約の仕組みも複雑ですが、その分速くて安定性も高い快適なインターネット接続が行えるようになるというメリットもあります。

フレッツ光、光コラボ、個別回線業者

フレッツ光はNTTが東日本と西日本の2つに別れてサービスを提供している、インターネットサービスです。
特徴として挙げられるのは独自の回線網を使っていることや、対応エリアが広いことなどです。
全国的にサービスを展開していて対応エリアは95パーセント以上となっていて、対応エリアでは日本最大レベルです。

フレッツ光は日本最大級ということもありサポートを受けることが出来たり、安定した回線網が使えるので安定性重視の場合に最適です。
幅広い地域で安定した速度でインターネットが使えるという特徴もありますが、全国でサービスを提供している分、全国からアクセスが集中すると速度が低下しやすく安定性が低下する事もあります。

光コラボはNTTが2015年より提供を開始したサービスです。
従来のフレッツ光だと光回線の契約の他にプロバイダの契約も行う必要がありますが、光コラボであれば光回線とプロバイダがセットになっているので契約の仕組みが難しくありません。
各事業者がNTTの回線網を借りてサービスを提供していて、事業者ごとに携帯電話やスマートフォンとのセット割引などの独自のキャンペーンを行っています。

光コラボではNTTのフレッツ光と同じ回線網や通信設備を各事業者が借りています。
フレッツ光と同じ安定していて高速なインターネットが使えるほか、各事業者ごとのキャンペーンによる割り引きを受けられるというメリットがあります。
また光コラボの場合には光回線を契約することで同時に、プロバイダも契約されるので難しい手続きや契約が不要です。
特に携帯電話やスマートフォンとセットで光コラボを契約することで携帯電話やスマートフォンのりよう料金が安くなるキャンペーンなどを活用すればお得に契約できます。

個別回線は事業者が独自の回線網を用意してサービスを行っていて、独自の回線網なので対応エリアは限られています。
しかしその分基本料金が安くアクセスが集中しやすい時間帯でも、速度が低下しにくく快適にインターネットを楽しめるという特徴があります。

個別回線の場合には限られたエリアでのみサービスを提供しているので地域によっては契約が行えない場合もあります。
エリアを限定している分アクセスがあまり集中しないので回線網が混みあうこともなく安定した速度でインターネットが利用できます。
個別回線は一部の地域だけに限定してサービスを提供しているので、地域に特化した光回線とも言えます。