仕組みも複雑、契約も複雑、光回線ってなに?

NTT東西の存在を知らずして光回線はわからない

NTT東西は、以前は電電公社というひとつの役所でした。
通信を独占しており、競争相手もなく、その状態がずっと続くようにもイメージされていましたが、1985年に電電公社は民営化されました。
その結果、NTT西日本とNTT東日本が誕生します。
同時に通信の自由化も始まり、他の民間企業も通信事業に参入することとなります。
競争が生まれたことにより、非常に高額だった遠距離通話料金の平均値は、大幅に下がりました。
新規参入会社を利用すれば、市内通話料金と同じ料金になることもありました。

しかし、新規参入会社が多数登場しても、NTT東西は優位であり続けます。
電話の分野ではシェアを減らしはしましたが、インターネット回線では有利な立場にありました。
光回線より前に普及していたADSLでは、電話回線を利用するため、NTT東西の工事を経なければならないという事情があったからです。
通信インフラを長年独占し続けていた影響と言えるでしょう。

NTT東西は、インターネットがADSLから光回線に移行するのにもいち早く対応し、光回線というインフラを整備し、フレッツ光を提供し始めます。
光回線の整備といった大掛かりなインフラ整備は、大手でなければできないことです。
以前の電話のように、NTT東西の提供するフレッツ光が高速インターネットを独占する状態となってもおかしくない状況でした。
しかし、光回線を整備する会社が他にも現れました。
KDDIや電力会社、ケーブルテレビ会社などがそれです。
電話の例からも明らかなように、一社独占よりも競争があったほうが、料金は下がります。

2015年、NTT東西は、整備した光回線を、他の会社にも卸売りして使わせる仕組みをつくりました。
NTT東西は、代理店に依頼してフレッツ光を消費者に営業、販売しています。
しかしそれだけをおこなっているより、フレッツ光を他の会社に卸売りする仕組みも併用したほうが、NTT東西の光回線を有効活用できるのは明らかです。
NTTグループのドコモや、NTTと無縁の他の会社では、格安SIMとフレッツ光をセット販売することに力を入れ、利益を上げています。
消費者も、セット販売を利用することで、割安な料金で光回線を利用できるようになりました。

電話回線の整備という大事業が完成するまでは、一社独占のほうがいいという面もあったかもしれません。
でき上がったインフラをその後利用していく場合は、競争があったほうが、消費者にとっての利益は大きく、適正価格も実現されやすくなると言えそうです。