シミ取りクリームを使う|肌トラブルの無いお肌になれる

婦人

トラブルのない肌になれる

スキンケア化粧品

日焼け止めは必ず塗る

ハイドロキノンは、シミ取りクリームとして有名な成分です。効果が強すぎるために、美容皮膚科で処方を受ける必要がありましたが、最近は市販の美白化粧品にも含まれるようになりました。シミ取り効果が高いと聞くと、副作用が心配になりますが、ハイドロキノンは安全なクリームで、皮膚が薄いまぶたにも塗ることができます。ただ、ハイドロキノンには乳酸が含まれているので、使い始めの頃は皮膚がむけたりすることがあります。しかし、それは正常な反応ですぐに落ち着きます。そのため、肌が一時的に薄くなる場合があるので、紫外線対策はしっかりと行います。ノンケミカルの日焼け止めを使うと、石鹸だけで落とすことができるので、ハイドロキノンを使用している肌に負担をかけません。

トレチノインで高まる効果

濃いシミに悩んでいる場合は、市販の美白化粧品ではなく、美容皮膚科でシミ取りクリームを処方してもらうと、かなり高い効果を得ることができます。美容皮膚科では、ハイドロキノンクリームの他に、トレチノインクリームを一緒に使う治療を行います。トレチノインクリームは、医師の処方を受けないと使うことができません。その分、市販の美白化粧品では得られない効果があります。トレチノインには、肌の新陳代謝を促進させて、きれいな肌を表面に押し出す働きがあります。そのため、ハイドロキノンの浸透が良くなるので、シミ取り効果を高めることができます。ハイドロキノンとトレチノインを使うと、シミだけではなく、毛穴やシワを改善することもできるので、トラブルのない肌に生まれ変わります。

Copyright© 2016 シミ取りクリームを使う|肌トラブルの無いお肌になれる All Rights Reserved.